メールでお悔やみを伝えるときの注意

近年、携帯電話やスマートフォンが普及しておりますので、訃報のお知らせもすばやく出来るようになりました。しかしながら、冠婚葬祭の中でも気を使いたいお悔やみのメールは失礼のないように慎重にしなければなりません。メールでお悔やみの言葉を送っていいのは、メールで訃報を受けた場合です。送り主が親しい知人や仕事関係の方ならお悔やみの言葉を返信させていただきましょう。お悔やみの言葉を返信するのは、取り急ぎです。相手方は葬儀の準備などで大変な時であることを考慮し、返事はいらないと言う一言を添え、相手の方の負担にならないようにすることも大切です。相手の方は、突然の出来事でどうしようもない気持ちを抱えたまま連絡を下さっている状況であることを考慮し、労わりの心で思いやりの言葉を添えるお悔やみの言葉を選びましょう。あくまで略式のお悔やみであることを忘れないで、お通夜や告別式でしっかりお悔やみの言葉をお伝え下さい。

Copyright© 冠婚葬祭 メール All Rights Reserved.