冠婚葬祭の連絡はメールでOKか

今は何でもメールで済ます時代になりました。会社を休む時も、友人同士の予定を決める時も、送信機能一つで済ませられる時代です。しかしながら、冠婚葬祭などの事例には応用しない方が無難です。特に目上の人に対しては失礼に当たることがあるので、注意が必要です。ただ、メール連絡が全般的にだめと言う訳ではありません。電話に出られない相手に対して、緊急に知らせを入れたい時には応用しても構わないでしょう。しかし、やはり親族や知人の不幸は電話連絡の方が好感が持てます。送信スイッチ一つで連絡を取り合う世界は、何か味気無さを感じます。若い人は、小さい時から送信機能を使っているので、それほど違和感がないと思いますが、中高年以上の世代では、メールで送られた文書に気持ちを感じることはちょっと無理があります。冠婚葬祭の連絡をしたい時は、やはり、電話か手紙を用いることが妥当と言えましょう。電脳時代に入っても人の気持ちは大事です。

上賀茂神社での最高の挙式をご案内します。オーダーメイドの挙式だから、和婚という枠内でお二人にあった最高の挙式をプロデュースします。

北野天満宮について
あの格式高い北野天満宮で神前結婚式が行えます

株式会社ヤマダ電機とは

クイック光とは

アールエスアセットマネジメント株式会社について

サンプルイメージ1

メールでお悔やみを伝えるときの注意

近年、携帯電話やスマートフォンが普及しておりますので、訃報のお知らせもすばやく出来るようになりました

サンプルイメージ2

友人から結婚式のメールが着たら

今の時代、連絡は何でもメールで済ませられるようになりました。会社を風邪で休む時も、待ち合わせの時間に

冠婚葬祭におけるメールマナーについて

冠婚葬祭におけるメールマナーについて、まず最初に訃報を知った時のお悔やみの言葉を伝える場合の例です。

Copyright© 冠婚葬祭 メール All Rights Reserved.